商品情報にスキップ
1 1

E12 F-15Jイーグル(オツ線)'航空自衛隊'

E12 F-15Jイーグル(オツ線)'航空自衛隊'

ハセガワ 1/72 日本航空自衛隊 要撃戦闘機 F-15J イーグル 航空自衛隊 プラモデル E12 F-15Jイーグルは、航空自衛隊の主力要撃戦闘機です。日本の航空自衛隊はアメリカ空軍、イスラエルに続く世界で3番目のイーグル装備国です。それまでF-104Jを要撃戦闘機として使用してきた航空自衛隊は、F-104Jの後継機としてF-Xを調査しました。多くの候補機の中から昭和51年12月9日にF-15を採用することが決定、昭和56年3月27日に第1号機が岐阜基地に到着しました。導入当初の航空自衛隊のF-15Jは基本的にアメリカ空軍のF-15Cブロック26に相当する機体で、一部航空自衛隊独自の改修を行っていました。これは、自衛隊独自の自動警戒管制組織(バッジ・システム)とE-2C早期警戒機からの要撃管制を受ける高速データ装置(J/ASW-10データリンクシステム)が追加されたのと垂直尾翼の先端のアンテナをマスバランスに変更したのが主な改修点です。航空自衛隊はF-15Jを最初、新田原基地に配備しパイロットの育成に当てたあと本格的に戦闘航空団に配備を開始しました。現在F-15Jは201飛行隊(千歳基地)、202飛行隊(新田原基地)、203飛行隊(千歳基地)、204飛行隊(百里基地)、303飛行隊(小松基地)、304飛行隊(築城基地)、305飛行隊(百里基地)の7個飛行隊に配備されています。F-15Jはアメリカ空軍と同様、多段階改良計画(MSIP)を行っており年々装備品が改良追加装備されています。このため新たにアンテナが追加されたりと、外観上でも変化しています。この他、国産の空対空ミサイルAAM-3を搭載できる機体も改修中です。F-15Jは航空自衛隊の主力戦闘機として今後開発されるFS-Xとともに日本の空の防衛に活躍していきます。

ハセガワ

通常価格 ¥1,605
通常価格 ¥1,980 セール価格 ¥1,605
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
詳細を表示する